cette catégorie : japanesque

スポンサーサイト

--/--/--  catégorie : スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







海外から日本のKindle本を購入:5冊の壁突破なのかこれは?

2013/03/10  catégorie : japanesque


雪模様の日曜日。
本当は出かけたかったけれど
Tellyも来週からのフランス出張を前にお疲れモードだし
私にとってちょっと驚きの出来事があったので書いておこうと思う。


***


2012年末から日本AmazonのKindle本(電子書籍)がダウンロードできるようになった。

*Kindleって何?という方、こちら↓の記事が詳しくて◎
【海外在住には朗報!あのKindleが日本語書籍に対応】
ただし、海外からの購入については私がこれから触れる通り若干様子が違うようです。



海外在住者にとって、電子版でも日本語の書籍が手に入るのはとても嬉しいこと。
今までは高い送料を払って日本から書籍を取り寄せるか
数年に1回の日本帰省の時に持ち帰ることしかできなかったから。


欲しい本、読みたい本があったらすぐに本屋さんへ行って手に入れる
(あるいはAmazonでポチっ)という生活はすっかり忘れてしまった。
「いつか日本帰省したら買ってみよう」と欲しいものリストに入れるのが関の山。
まあ、衝動買いが減ったのはありがたいのだが、その代わり日本帰省した時の
たがの外れようったら…(^∀^;)


私が興味ある本はなかなか電子書籍化されないだろうけど
それでも話題の本や一般書が手に入るのはとても便利だ。


今は海外にいながら、日本のTV番組を見て笑い、Skype等で無料で日本の家族と通話でき
BlogやTwitter、Facebookなどを通して世界中の友達とやり取りできる。



最初に私が日本を離れたのはネットが一般的になる前。
何ヶ月も日本の情報、日本語に触れず・・・なんて生活もしてきた。
Tellyと半年くらい遠距離恋愛の時、1ヶ月の国際電話が10万円近くになったことも…
(今となれば、そんな無駄金使わずに貯金しておけば良かったと(。-∀-)♪)


そんな不便な生活を覚悟していたのに、今の便利さってば…T-T
しかも、これからは日本語の書籍も簡単に手に入っちゃうのね…(*´▽`)ノ

と、ワクワクしていたところ、次に飛び込んできた情報は…


海外から日本のKindle本は5冊以上購入できない

というものだった…(+△+;)


その辺の情報は、他のサイトが詳しいのでそちらをご覧ください。
* 海外からKindle日本の本を購入して、読む方法
*(続)海外からKindle日本の本を購入して、読む方法:トラブル対処編


このサービスはあくまでも日本にいる人たち向けのもので、
海外出張とか旅行中も出先で数冊は買えるようにと有余をもうけてあるとのこと。


海外からのアクセスが続くと引っ越したと認識されてしまい、
6冊目購入あたりから「最近他の国に引っ越しましたか? 」とメッセージが出て
滞在国のAmazonで購入するように促されるらしい。


この場合、日本から電子書籍を購入(さえ)してもらえば
端末へのダウンロードは世界中どこでもできるので
例えば日本の家族や友人などにAmazonアカウント(とパスワード)を教え
電子書籍を買ってもらい、そして自分の端末でダウンロードということが可能。


そうすると1度日本から購入したとみなされて、リセット。
また海外から5冊程度は購入可能になるとのこと。このくり返し。
(この辺は聞こえてきた情報なので私自身は未確認です)


まあ、面倒は面倒だけど、日本の家族に郵送をお願いすることよりはマシだし
購入さえできればダウンロードは世界中から一瞬で出来るし◎



20130310.jpg前書きが長くなってしまったが、このことをふまえ5冊を超さないようにチビチビと日本の電子書籍を買っていた私。

ところが、急に日本の漫画が読みたくなってしまったのだ

現在、家の片づけ祭りは一旦お休みして(捨てると怒る旦那Tellyが来週から3日間出張で家を留守にするので、その間に一気に私のものを捨てようと考え中)外付けHDDや歴代のPCに眠っている写真・動画・ソフトウェアなどのデータを整理中なのだが、ついつい前に録画しておいたアニメに見入ってしまい、その原作漫画が読みたくなったのだ。

そうだ、Kindleで電子版手に入るかな?と探したら、1巻から17巻まで出ている。

よし、とりあえず何冊買えるか分からないけど、購入不可能になるまでトライしてみよう。

過去に2冊ほど日本Kindleで買っているので実質海外からの購入は3冊目からのスタート。1巻、OK。2巻、OK。3巻、OK。ここまでは想定内。

4巻・・・あれっ、普通に買える。5巻、6巻、7巻・・・あれっ、まだまだメッセージが出ず買える。8巻、9巻、10巻・・・あれあれあれ??? 17巻まで何の問題もなく買えちゃった…\( ̄∀ ̄*)/



これはあくまでも私のケースなので、他の方が同じように購入できるか分からないし、
私自身も次回の購入から×になる可能性もあるので、何とも言えない。


海外からのアクセスを隠すためにVPN/Proxyを使用したわけでもないし、
ホントに普通にイギリスから日本Kindleの本を購入しただけ。


何なんだこれは? どなたか詳しい方、新情報等あったら教えてください。


***


一応私のスペック(?)を書いておきます。

◆Amazon.jpアカウント:10年以上使っているもので、登録住所は日本の実家。
海外からも購入するけれど日本帰省時がメイン。郵送先は殆ど日本の実家。

◆Amazonアカで使用しているカード:日本のクレジットカード

◆イギリスの一般的なプロバイダ使用。

◆1巻から17巻までとにかく一気に購入。



で、何の漫画を買ったのか?(。-∀-)♪
「君に届け」です・・・あんた何歳よっ!?(*`Д´)ノって言われそうだけど、あのドキドキ感たまらん♪
書籍版は18巻出ているのに、電子化されてないので悶々としている私…
次の巻がKindleで出た時にイギリスから購入できなかったらグレそう…^^;





【追記】

スコットランド在住のAkemiさんも日本Kindleで5冊以上買えたとのこと。情報めるし〜♪




スポンサーサイト







初めて作る栗ご飯

2011/10/19  catégorie : japanesque


このところ、あちこちで栗ご飯の写真を見かけ、
すっかり「栗ご飯食べたい病」にかかっていた私。

でも、栗ご飯を作るのって、栗の皮むきが面倒そうで…( ̄~ ̄;)
何より刃物&先端恐怖症の私、栗の皮むきとか、里芋の皮むきとか
(まあ、今は手に入らないけど)
絶対やりたくない作業だったりする。


ところが、「食べたい気持ち」が勝ってしまった。
生まれて初めて栗を購入。
(あっ、甘栗なら買ったことあるな…笑)
TESCO(スーパー)で400g、3£弱(今のレートで約350円)。イタリア産。


栗ご飯の作り方どころか、
栗のむき方もよく分からないので、
ネットで調べてみる。
生のままむく人もいるし、
ちょっと茹でてから皮をむく人もいるのね。
出来上がりは生のままむいた栗ご飯のほうが色がいいみたいなので、
私も生むきに挑戦。


1時間ちょっと栗を水につけ、
少し柔らかくなったところで栗の下の部分を包丁で切り、
手で外の硬い皮をむく。


そのまま渋皮にとりかかる。
手でむけるものがいくつかあったけれど、
無理なものは渋皮のまま水につけて柔らかくし、
指と爪と私が唯一怖がらずに使える縦型ピーラーを駆使して
何とか全部の皮をむき終える。
(むき終わった栗は色が変わらないように水につけておく)


所要時間2時間…(@Σ@;) もうヘトヘト…orz


その後は、普通にご飯を炊く時と同じ水の量で、
塩と昆布と栗を放り込むだけ♪(Emmaさん、情報Merci!)
私は圧力鍋でご飯を炊くので、8分加熱してあとは放置。
こんなに簡単でいいんだっ!



出来上がった栗ご飯は… 甘くて美味しい♡ 
色もそんなに悪くないし、初めてにしては上出来と自己満足。
皮をむくのは大変だけど、
日本のTVなんかをボーっと見ながらやればいいし
次はもち米を入れて作ってみたいな。


仕事が忙しくて帰りが遅くなるというTellyの
帰宅時間に合わせて炊き上がるようにしたのに、
帰ってきたヤツがひと言、
「仕事中におやつ食べ過ぎてお腹すいてないから後で食べるわ」・・・と。


私の顔が「(╬☉д⊙)」こうなったのは仕方がないと思う。


Chestnuts栗ご飯















Peony PIVOINE

フランス夫(Telly)×日本妻(Peony)の日常@イギリス。写真・雑貨・散歩・世界の食べ物・海外で作る和食・かぎ編み、からクダラナイ話まで。



Catégories

*日々のつぶやき* (34)
*United Kingdom* (51)
  life (16)
  food (16)
  shopping (6)
  everywhere (11)
  entertainment (0)
  japanesque (2)
*France* (0)
  vie (0)
  nourriture (0)
  shopping,fr (0)
  par-ci, par-là (0)
  divertissement (0)
  japonisme (0)
*Japan* (11)
  日常生活 (2)
  食べ物 (3)
  買い物 (2)
  あちらこちら (4)
  娯楽 (0)
*et cetera* (8)
  travel (1)
  recipe (0)
  handmade (1)
  study (1)
  コメント&お返事 (1)
  自己紹介 (2)

Archives mensuelles

07  01  12  11  08  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  01  12  11  10  09  08  07  06  07  01  07  01 

Lien de tous articles

Afficher tous les articles

Prohibition

このブログの全ての文章・写真はsam*suffitに属します。文章・写真の無断転載、転用はご遠慮ください。
Copyright © sam*suffit
Peony PIVOINE
All rights reserved.




copyright © sam*suffit クウネルトコロニ スムトコロ:Peony PIVOINE All Rights reserved
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。