スポンサーサイト

--/--/--  catégorie : スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







桜の季節、会津&大内宿を歩く

2013/02/10  catégorie : あちらこちら


【2012年4月25日】

今回の日本帰省は痴呆の始まってしまったばあちゃんの介護と家の手伝いが目的だった。

私もその覚悟でいたし、別にどこにも出かけなくても日本の美味しいものが食べられたら十分。
実際、実家の裏山では山菜が採れるので、4月から5月にかけては「山菜の天ぷら天国」なのだ(*´▽`)ノ

まあ、それじゃ気の毒に思ったのか、父が日帰りで会津方面へ行こうと提案してくれた。

幼い頃、いわき市に5年、郡山市に5年住んでいたので福島県はおなじみの場所。
特に会津は小学校の遠足などで、何かと行く機会が多かった。

父は会津が大好きなので、気が向くとフラッと写真を撮りに行ったりするらしい。
ちょうどゴールデンウィーク前だし、桜も満開の季節。
少しだけ介護という現実を忘れて出かけることに。



会津 鶴ヶ城



まずは会津の鶴ヶ城から。
次の大河ドラマの舞台ということで、これから盛り上がりそうな雰囲気。

鶴ヶ城は子供の頃に何度か行ったことがあるし、今回行くかどうか迷ったが、
日本のお城をバックに桜の写真を撮りたいね、ということで立ち寄ることに。

お城の屋根と壁が綺麗になっていた。屋根の色が昔とちょっと違うような気がする…



会津 鶴ヶ城



久しぶりに日本の桜を堪能する。
やっぱり日本の桜は美しい。



会津 鶴ヶ城



父は私を「大内宿」に連れて行きたいと思っていてくれたらしい。
若い頃はフランスかぶれで扱いにくかった娘が、
外の空気を吸って「納豆と生卵が食べられる幸せ」を知って戻ってきた。

昔なら見向きもしなかった日本の古い建物、
日本の民芸品店に娘が目を輝かせることを父はちゃんと知っている。


足早に鶴ヶ城を後にするのだが、
会津の中心地を離れる前に行っておきたいところが…

それは、竹細工を扱う民芸店「竹藤」さん。
〒965-0037 福島県会津若松市中央1丁目2-7


イギリスにシンプルな竹ざるを持ち帰りたいと思っていたので、
会津に専門店がないか探しておいたのだ。

天保12(1841)年に建てられた古い古い建物。
中はちょっと雑然としていた。
それでも気に入った四角の竹ざるをちゃんと見つけ、大小2つ購入。

映画「かもめ食堂」を見て以来、竹ざるに無造作におにぎりを置くのが夢なのだ。(。-∀-)♪



竹藤民芸店



車でさらに会津の奥地へ向かい、ようやく大内宿に到着。
茅葺屋根の家はどれも日本っぽい民芸品を売るお土産屋さんだった。

きっとTellyもこういう風景は好きなはず。
いつか日本へ来たら、また父に連れてきてもらおうね。



大内宿



父が新しいカメラを買った時、
どんな感じに撮れるのか見せてもらった写真はここで撮られたものだった。

あまりの色彩の豊かさに思わず写真を撮りたくなるし、
カメラの性能を自慢するにはもってこいの光景。

ちりめん民芸品店「叶屋」さん。
〒969-5207 福島県南会津郡下郷町大内山本48



大内宿


写真を見て、ずっと来たいと思っていたお店。
想像していた通り、色の豊かさに圧倒される。

野菜のクオリティも高いし、1つ1つがとても可愛い。
特に大根が干してある光景なんて、かなりリアルだった…

ただし、お値段はあまり可愛くないので(^∀^;)
買うとしても小なら数個、大なら1つだな。

かごの中に小さな野菜を入れるか、
小さな干し大根が連なるものにするか散々迷って、
結局、干し大根を手に入れた。



大内宿




大内宿お昼時。
父はこれを食べようと思っていたらしい。

お箸の代わりに葱を使って食べる蕎麦。高遠そば。

……私は火を通していない葱やタマネギが大の苦手でこれだけは絶対に無理……
うう、写真を見るだけで鳥肌が立つ(*`Д´)ノ

代わりに、ご飯を半つきにしてお味噌を塗り、炭火で焼いた「しんごろう」というものをおやつに食べた。焼きおにぎり風で美味しい。今の私は日本のものなら何を食べても感動するが、こういう食生活が当たり前の父はいたって普通の表情をしていた。

海外生活は大変なことも多いけど、こういう日本の小さなことにも感動できる自分になれたというのは大きな収穫かもしれない。

お昼をちゃんと食べていないので、帰り道に喜多方ラーメンを食べに行くということで話がまとまった。私は「喜多方ラーメンバーガー」というB級グルメを食べ、ちょっと後悔するのだけど、それも良い想い出。




大内宿





関連記事










Peony PIVOINE

フランス夫(Telly)×日本妻(Peony)の日常@イギリス。写真・雑貨・散歩・世界の食べ物・海外で作る和食・かぎ編み、からクダラナイ話まで。



Catégories

*日々のつぶやき* (34)
*United Kingdom* (51)
  life (16)
  food (16)
  shopping (6)
  everywhere (11)
  entertainment (0)
  japanesque (2)
*France* (0)
  vie (0)
  nourriture (0)
  shopping,fr (0)
  par-ci, par-là (0)
  divertissement (0)
  japonisme (0)
*Japan* (11)
  日常生活 (2)
  食べ物 (3)
  買い物 (2)
  あちらこちら (4)
  娯楽 (0)
*et cetera* (8)
  travel (1)
  recipe (0)
  handmade (1)
  study (1)
  コメント&お返事 (1)
  自己紹介 (2)

Archives mensuelles

07  01  12  11  08  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  01  12  11  10  09  08  07  06  07  01  07  01 

Lien de tous articles

Afficher tous les articles

Prohibition

このブログの全ての文章・写真はsam*suffitに属します。文章・写真の無断転載、転用はご遠慮ください。
Copyright © sam*suffit
Peony PIVOINE
All rights reserved.




copyright © sam*suffit クウネルトコロニ スムトコロ:Peony PIVOINE All Rights reserved
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。